日本初のおでこ広告は費用対効果の高い移動広告媒体。日本で唯一、頭を使う広告はヘッドバタイザーです

HOME 

 

日本初のおでこ広告、日本で唯一「頭を使う広告」ヘッドバタイザー

新しい広告媒体です。そして、その媒体は人間のおでこです。
消費者の目線と同じ高さで企業や商品メッセージを伝える人間媒体です。人間ですから、表情やメッセージ性を高めることが出来ます。企業や商品の想定ターゲットが出没しやすいエリアを選出、少人数のグループで同じ場所に留まる事無く、繁華街から路地裏まで徘徊する移動型の広告媒体です。サンプリングや消費者参加型のキャンペーンまで、限られた広告予算を最大限に活用でき、インパクトの大きな広告、販売促進戦略が立案できます。

おでこが直接訴える対面広告媒体です

Head+Advertiseでヘッドバタイザー おでこにタトゥーシールを貼付して出撃準備完了
おでこ広告を良く知ってもらう為にヘッドバタイザーと言うタイトルを考えました。
ヘッドバタイザー™ は頭(Head)と広告(Advertise)を組み合わせた造語。
タトゥーシールをおでこに貼付して活動する人間媒体をヘッドバタイザー™と呼んでください。

おでこ広告は広告の出前です街中でターゲットに直接コンタクト
オリジナルタトゥーシールをおでこに貼付して、ターゲット層が出没する都市部駅周辺地域や学校周辺で広告活動を行う、移動型広告媒体の出前サービスです。

目線の高さにあるタトゥーシールで作成された広告メッセージが消費者に直接訴えます。ヘドバタイザーは電波や紙媒体に無い強烈なインパクトを消費者の心に残像のように与えます。
限定された地域だけに、効率良く投入できる広告媒体として おでこ広告をご利用ください。

販売に繋げる広告イベント商品やサービスを直接訴求できるメディア
消費者を巻き込んだイベントも可能です。ステーキハウス「アウトバック」で行ったヘッドバタイザーは大変ユニーク。

おでこ広告と一緒にインスタント写真を撮影。その写真がクーポンとなり、お客様が店舗に写真を持参すると無料でアピタイザーが提供されました。

ヘッドバタイザー™は広告のインパクトだけでなく、消費者にも参加して頂き広告主にもメリットの高いイベントにすることが可能です。